今の学校と昔の学校の様々な違い

今朝、朝の情報番組「ZIP!」を見ていると、昔の小学校にはあって今の小学校にないものというものが特集されていました。私には小学校に通う子供がいるのですが、子供があ朝ごはんを食べている時だったので準備をさせながら一緒に見ていました。まず、理科の実験の時にあったアルコールランプ。こちらはギリギリあるようですが、テレビの中の学校ではガスコンロを使用していました。また、学校に設置されていた気温を計る「百葉箱」もないというのです。私は子供たちと同じ学校を卒業していますが、昔はあったのです。けれど、少しずつ学校の外回りも変わっていて気にしていなかったのですがどうやら撤廃されているようです。
あとは、座高を計る器具。座高を計ること自体がなくなったというのは知っていましたが、2016年からのようです。娘は2年生で計らなくなってから入学しているので見たこともないと言っていました。身長が低いのに座高が高いのは足が短いと言われているようで座高を計るのが嫌だったのを思い出しました。デリケートゾーンの黒ずみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です