今さらハマるドラマ、「水戸黄門」

なぜかハマっています。最近、BSで再放送中の「水戸黄門」を毎日のように見ています。最初は父が見始めたのですが、お馴染みのメンバーの初期の作品なのでけっこう珍しいなぁと思って見ていたら楽しみになってしまいました。わたしは風車の弥七が好きなのですが、最初って奥さんも一緒に旅をしていたんですね。奥さんがいること自体も最近見ていて知りました。あと由美かおるさん演じるお銀も若い娘役の設定だったし、飛猿も最初は敵だったのも知りませんでした。黄門さまや助さん、格さんもシリーズによって人が変わるのですが、やはり西村晃さんの黄門さまが一番しっくりきます。品があって賢そうな感じが似合っています。わたしが昔子供の頃に見ていた時も西村晃さんの黄門さまが主だったせいもあると思いますが。それにしても毎日再放送しても当分あるのでスゴイ長編シリーズなんだなぁと改めて感じます。全国を回るのでたまに地元の話になると時代は違いますがなんだか親近感が沸きます。最後にハッピーエンドになると分かっている定番のシリーズですがやっぱりそれが一番落ち着くのが不思議ですね。カナガンの公式サイトに書かれていない3つの裏情報【悪い口コミも紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です