今に伝わる十二支の順番と動物の面白いエピソード

毎年、お正月がやってくると干支を意識しますが、十二支の由来をご存知でしょうか。
干支とは、十二支と十干を組み合わせたもので、年・月・日・方角を示すものとして中国で使われていました。
十二支は、子(鼠)、丑(牛)、寅(虎)、卯(兎)、辰(竜)、巳(蛇)、午(馬)、未(羊)、申(猿)、酉(鶏)、戌(犬)、亥(猪)です。
この12漢字に動物を当てはめ、意味を持たせたのは、後の話です。

十二支の動物の順番には、面白い説があります。
昔、十二支の順番を決めるために、決定権を持つ者(お釈迦様や神様)が、たどり着いた動物を先着順に十二支にするとしました。
牛は歩くのが遅いので早めに歩き出し、1番に辿り着きました。
しかし、鼠が背中に乗っていて、辿り着いたときに背中から下りて先にゴールしたため、鼠が1番になりました。
猪突猛進の猪が最後になってしまったのは、勢い余ってゴールを通り過ぎてしまい、引き返したためだと言われています。
猫が十二支にいないのは、鼠が決戦日を違う日と嘘を教えたためです。

十二支にも色々な由来がありますが、言い伝えや歴史は面白いものですね。まつ毛美容液ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です